メニュー
閉じる

「新しい東北」

「新しい東北」とは・・

震災復興の最終目標は「まちのにぎわい」を取り戻すことです。インフラや住宅等(ハード)の復旧が進みつつある中、「まちのにぎわい」を取り戻すためは、「人々の活動(ソフト)」の復興が必要です。

被災地では、人口減少や高齢化、産業の空洞化といった、日本全国の「地域」が抱える課題が特に顕著です。併せて、震災復興に取り組む地域に特有の課題もあります。

復興庁では、各地域において、各々の課題を解決し、自律的で持続的な地域社会を目指す取組を「新しい東北」と呼んでいます。被災地自治体、民間企業、大学、NPOなどの多様な主体が、まちのにぎわいを取り戻すために、これまでの手法や発想にとらわれない新しい挑戦に取り組んでおり、復興庁としても、多様な主体間での情報共有の場を提供するなど、様々な支援等を実施しています。

newtohoku_logo01.jpg

「「新しい東北」交流会~東北の未来を共創する~」の開催について

平成30年2月18日(日)に、宮城県仙台市の仙台国際センターにおいて、「「新しい東北」交流会~東北の未来を共創する~」を開催します。

今回の交流会においては、「東北の未来を共創する」をテーマとして、自治体、企業、NPOなどの様々な団体が、地域が抱えている課題にどのように向き合い、どのような展望を描いて取組を行っているのか、最前線で活躍する方々に発表・議論していただくことを通じて、東北でのこれからの連携・協働や、地域づくりについて考えます。

また、本交流会において、「「新しい東北」復興・創生顕彰」及び「企業による復興事業事例」の顕彰式を実施し、受賞者の取組について紹介します。

登壇者・タイムスケジュール等の詳細に関しましては、「新しい東北」ポータルサイト(http://www.newtohoku.org/)等を通じて発表します。

20180209_new-tohoku-exch-mtg_sendai_flyer1.jpg 20180209_new-tohoku-exch-mtg_sendai_flyer2.jpg
「新しい東北」交流会チラシ

具体的な取組事例

安心して暮らせる「コミュニティの形成」

生活の糧となる「産業・生業の再生」

新着情報   新着情報一覧
2017年12月27日 「新しい東北」交流会 ~東北の未来を共創する~ の開催について
2017年11月9日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業に係る研修「Future Creation College in TOHOKU」(第3回)の実施ついて
2017年9月26日 「新しい東北」復興・創生顕彰の実施について
2017年9月13日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業における取組について 市民と行政の協働による魅力あるまちづくりの実現に向けたアイディア創出の場 ~「第1回 二本松ざくざく会議」開催~
2017年8月28日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業に係る研修「Future Creation College in TOHOKU」(第2回)の実施ついて
2017年8月18日 「共創力で進む東北プロジェクト」に係る「情報発信ニーズ」選定結果(第2期第2次選定)
2017年7月28日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業における取組について 福島県国見町「地域が育てる“若者”が創る地域~若者と地域をつなぐ 廻るプロジェクト~」
2017年7月20日 「共創力で進む東北プロジェクト」に係る「情報発信ニーズ」 選定結果(第2期第1次選定)
2017年6月29日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業に係る研修事業「Future Creation College in TOHOKU」の開催について
2017年5月31日 「共創力で進む東北プロジェクト」に係る「情報発信ニーズ」選定結果(第1期)
2017年5月23日 平成29年度地域づくりハンズオン支援事業の実施について
2017年5月18日 「復興フォーラムin大阪」の開催について(第二弾)
2017年4月14日 「復興フォーラムin 大阪」の開催について
2017年2月8日 「新しい東北」交流会in仙台の開催について
2017年2月3日 「新しい東北」復興・創生顕彰 及び 「新しい東北」復興功績顕彰の選定結果について
2016年12月9日 「『新しい東北』交流会in釜石」の開催について
2016年11月11日 「新しい東北」復興・創生顕彰の創設について
2016年11月11日 「新しい東北」交流会in郡山の開催について
2016年11月11日 「新しい東北」復興ビジネスコンテストの受賞団体の決定について
2016年9月30日 自治体版ハンズオン支援事業の対象自治体(第二次募集分)の決定について
2016年7月15日 「新しい東北」情報発信事業 選定結果について
2016年5月16日 「新しい東北」情報発信事業の公募について(平成28年度)
2016年4月1日 平成28年度 自治体版ハンズオン支援事業の対象自治体決定について
2016年2月11日 「新しい東北」先導モデル事例集vol.2を発刊しました。
2016年1月18日 「新しい東北」交流会in仙台 ~この先へ続く、東北の「新たな挑戦」~(2月11日)」について当日のプログラムを発表しました。
2016年1月14日 双葉八町村に春を呼ぶ!広野わいわいプロジェクト プレゼントツリーの里親を募集開始しました。
2015年12月7日 日本財団「WORK FOR 東北」復興庁協働事業における派遣実績を公表しました。
2015年11月30日 平成28年2月11日に「「新しい東北」交流会in仙台~この先へ続く、東北の「新たな挑戦」~」を開催します。
2015年11月12日 「東北ライターズカップ」の詳細、及びその他の事業の状況を発表しました。(「新しい東北」官民共同PR事業)
2015年11月11日 平成27年度「新しい東北」先導モデル事業の中間報告を掲載しました。
2015年10月19日 平成27年11月7日に「「新しい東北」交流会inいわき」を開催します。
2015年10月 6日 「新しい東北」復興ビジネスコンテスト(ビジネス部門)の受賞団体が決定しました。
2015年10月 5日 「新しい東北」のページをリニューアルしました。
2015年10月 1日 世界最大の口コミサイトYelpと復興庁の連携「東北おすそわけday」全国5都市で開催します。

「新しい東北」の推進に向けた施策

復興庁では、「新しい東北」の推進に向け、様々な施策を実施しています。

■多様な主体による連携・協働の促進

「新しい東北」官民連携推進協議会
復興に携わる多様な主体(金融、大学、NPO等)の連携を推進するため、これらの主体の取組に関する情報の共有・交換を進めるための取組

復興金融ネットワーク(金融機関等のネットワーク)
被災地の事業者に対して資金供給を呼び込む仕組みを強化。

「新しい東北」復興ビジネスコンテスト
被災地の地域産業の復興や地域振興に資するビジネスアイデアを表彰し、事業化・発展を支援。

企業連携グループ(各種支援機関等のネットワーク)
被災地域の民間企業による創造的な事業活動への挑戦を、効果的に支援。

地域づくりネットワーク(自治体間のネットワーク)
被災自治体の「新しい挑戦」を推進するため、「地方創生」とも連携しながら官民連携の体制づくりや課題解決に向けた具体的な取組支援策を強化。

■「新しい東北」の普及・展開、情報発信

「新しい東北」官民共同PR事業(平成27年度)
民間のクリエイティブな発想と広いネットワークを活用して戦略的な情報発信を推進。

「新しい東北」情報発信事業(平成28年度)
東北を牽引する先導的な取組を行っている民間等と共同して、「新しい東北」の魅力を広く全国に発信。

 共創イベントを通じた情報発信ソリューション構築事業(「共創力で進む東北プロジェクト」)
  共創イベントを通じて、情報発信力の強化や新たなパートナーとのつながりを創出し、地域の課題解決を目指す。
  事業ページ:http://www.newtohoku.org/fwtohoku/
  共創イベントの開催予定等については、Facebookページ(https://www.facebook.com/fwtohoku/)で発信しています。

「新しい東北」復興・創生顕彰(平成28年度~)
  被災地で進む「新しい東北」の実現に向けた取組について、大きな貢献をされている個人及び団体を顕彰することにより、広く情報発信するとともに、取組の被災地内外への普及・展開を目指す。


■「新しい東北」のこれまでの取り組み

「新しい東北」先導モデル事業(平成25年度~平成27年度)

WORK FOR 東北
被災地が必要とする人材を、企業等から現地に派遣するための取組。被災地(派遣先)と被災地外(派遣元)の双方のニーズをマッチング。

記者発表資料

記者発表資料
「新しい東北」に関係する記者発表資料は、こちらにまとめています。

「新しい東北」の検討状況(復興推進委員会等)について

復興推進委員会審議経過など
復興推進委員会等での審議経過は、こちらにまとめています。

ページの先頭へ