メニュー
閉じる

復興大学災害ボランティアステーション主催シンポジウム「復興状況の変化と学生ボランティアの役割」について

 この度、復興大学災害ボランティアステーション主催シンポジウム「復興状況の変化と学生ボランティアの役割」(共催:復興庁宮城復興局)を下記のとおり開催いたします。

 当該シンポジウムは、復興大学災害ボランティアステーションが構築する大学間連携のネットワークに参加する大学、有識者及び地域住民が一堂に会し、東日本大震災や災害ボランティアと大学・大学生のあり方についてともに考える場として開催いたします。

復興大学災害ボランティアステーション主催シンポジウム
「復興状況の変化と学生ボランティアの役割」

日 時 : 平成26年12月12日(金)13日(土)
場 所 : 東北学院大学土樋キャンパス 8号館押川記念ホール第1~2会議室
主 催 : 復興大学災害ボランティアステーション
共 催 : 復興庁宮城復興局、大学間連携災害ボランティアネットワーク、
       東北学院大学災害ボランティアステーション

プログラム:
1日目
12:00~14:00 ポスターセッション・パネル展示
14:00~14:10 開会(東北学院大学・佐々木俊三副学長、復興庁宮城復興局・梶原康之局長 挨拶)
14:10~15:20 基調講演(同志社大学・立木茂雄教授)
15:30~16:10 事例報告(広島修道大学・平岡健氏)
16:20~17:20 学生報告(1)
17:20~17:20 報告(東北学院大学災害ボランティアステーション・郭基煥所長)

2日目
9:30~11:40 学生報告(2)
11:40~13:00 ポスターセッション・パネル展示
13:00~14:50 市民フォーラム
14:50~15:00 閉会(復興大学災害ボランティアステーション・阿部重樹所長)

「復興状況の変化と学生ボランティアの役割」チラシはこちらpdf

【参考】
「復興大学」ウェブサイト(外部サイト)はこちら
「復興大学災害ボランティアステーション」ウェブサイト(外部サイト)はこちら
「復興大学災害ボランティアステーション」によるシンポジウム開催についての掲載記事はこちら

<本件に関するお問い合わせ>
復興庁宮城復興局 担当 後藤、陸歎、齊藤
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル13階
TEL:022-266-2250

ページの先頭へ