メニュー
閉じる

復興N便Vol.42(平成29年1月25日発行)

                                         平成29年1月25日号

復興N便 ~産業復興支援メールマガジン~ (VOL.42)
====【目次】=========================================================

〔1〕「新しい東北」交流会in仙台の開催のご案内について              
〔2〕「新しい東北」交流拡大モデル事業の進捗状況について~中間発表~
〔3〕平成29年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業の公募について         
〔4〕「ふくしま復興・創生ファンド支援事業」のビジネスプランの募集について
〔5〕3県支援事業情報(1/11~1/24 更新分)

=====================================================================
復興庁企業連携推進室です。

本メールマガジンに記載している内容について、被災地域の企業・事業者や
団体等の担当者へ転送をしていただければ幸いです。

企業連携推進室では、被災地域の自治体や中小企業等からの産業再生・復興
に関する相談を受け付けております。以下の相談受付までお気軽にご相談く
ださい。

 復興庁 企業連携推進室 TEL (03)6328-0267
 メールアドレス:kigyo-rs@cas.go.jp

また、本メールマガジンの運営に関するご意見・お問合せ等がございました
ら、遠慮なく企業連携推進室までお寄せください。

次号は2月8日(水)配信予定です。

 復興庁 企業連携推進室 復興N便担当
 メールアドレス:i.kigyo-shien-nw@cas.go.jp

=====================================================================
〔1〕「新しい東北」交流会in仙台の開催のご案内について(復興庁)
=====================================================================
被災地で生まれた「新しい東北」の創造に向け様々な取組が持続していくこ
とが、これからの東北を支える原動力になります。本交流会では、今後の活動
の主体となる「担い手」に焦点を当て、これからの担い手づくりに向けた方策
や課題を議論するとともに、被災地で進む好事例をご紹介します。
 地域でのまちづくりの担い手育成やコミュニティ形成、未来を担う子どもた
ちへのキャリア教育、起業支援、企業での新商品開発支援など、東北の未来を
作る様々な分野での「担い手」育成に携わる方々に登壇・発表いただきます。
これからの東北の担い手づくりに関心のある自治体、民間企業、NPO、学生等
様々な方々のご来場をお待ちしています。

主な内容は、以下を予定しています。

・「新しい東北」復興・創生顕彰の顕彰式
・「企業による復興事業事例」の顕彰式
・これからの東北を支える担い手づくりをテーマとしたパネルディスカッション
どなたでも無料でご参加できますので、よろしくお願いします。

【開催日時】平成29年2月9日(木) 13:00~(開場12:30~)
【開催場所】せんだいメディアテーク(宮城県仙台市青葉区春日町2-1)他
【出席者】(モデレーター)
      ・株式会社アスノオト 代表取締役 信岡良亮 氏
     (パネリスト)
      ・特定非営利活動法人アスヘキボウ 人事事業担当 中村志郎 氏
      ・仙台市経済局地域産業支援課 課長 杉田剛 氏
      ・公益社団法人MORIUMIUS 理事 油井 元太郎 氏

詳しくはこちらをご覧ください
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m17/01/20170113185653.html

=====================================================================
〔2〕「新しい東北」交流拡大モデル事業の進捗状況について~中間発表~(復興庁)
=====================================================================
 復興庁の「新しい東北」交流拡大モデル事業では、東北への外国人の誘客に
つながる民間の新たな取組を支援しており、今年度は13事業を実施しています。
これまでの取組の結果、2016年12月末時点で、87件の旅行商品を開発・
販売し、延べ7,385人の宿泊者を東北へお迎えすることができました。
本年2月14日には、事業の成果を発表する報告会を開催して成果を検証し、
今後も新たなビジネスモデルの立ち上げを目指していきます。

詳しくはこちらをご覧ください
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m17/01/20170123104742.html

=====================================================================
〔3〕平成29年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(宮城
県よろず支援拠点チーフコーディネーター、山形県よろず支援拠点チーフコ
ーディネーター)の公募について (東北経済産業局)
=====================================================================
 中小企業庁では、地域の支援機関と連携しながら中小企業・小規模事業者
が抱える売上拡大や資金繰り等の経営課題に対して、ワンストップで対応す
る「よろず支援拠点」を各県に整備し、中小企業・小規模事業者の活性化を
図っております。
 この度、東北経済産業局では、宮城県よろず支援拠点及び山形県よろず支
援拠点の中心的な役割を担うチーフコーディネーターとして、中小企業・小
規模事業者支援に優れた能力・知識・経験等を有する者を選定するための公
募を開始しました。
※本公募は、平成29年度当初予算案の国会での可決・成立が必要となります。 

【公募期間】   平成28年12月28日(水)~平成29年1月31日(火)正午

【審査委員会】  平成29年2月中旬

【公募結果公表】 平成29年2月下旬

【事業概要】
 (1)事業実施地域
  ・宮城県
  ・山形県
 (2)支援対象者
  ・原則として、宮城県において事業を行う中小企業・小規模事業者等
  ・原則として、山形県において事業を行う中小企業・小規模事業者等
 (3)事業概要
  東北経済産業局が選定した中小企業・小規模事業者支援に優れた能力・
  知識・経験等を有するチーフコーディネーター及び本事業を実施する
  機関(実施機関)等が選定したチーフコーディネーターの業務を補佐
  するコーディネーターを配置し、地域の支援機関及びよろず支援拠点
  全国本部等と協力・連携しながら、以下の業務を実施。
  ・経営革新支援
  ・経営改善支援
  ・ワンストップサービス
  ・支援機関等連携強化等
  ・拠点の広報等
  ・その他業務

【公募要領等】
 公募要領、応募申請書、中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援
事業については東北経済産業局HPをご確認ください。
 ⇒ URL:http://www.tohoku.meti.go.jp/s_cyusyo/yorozu/topics/161228.html

【書類提出先及びお問い合わせ先】
 東北経済産業局産業部経営支援課
 TEL:022-221-4806(直通)
 FAX:022-215-9463
 E-mail:thk-net@meti.go.jp

=====================================================================
〔4〕「ふくしま復興・創生ファンド支援事業」のビジネスプランの募集につ
いて(福島県)
===================================================================== 
 福島県では、地方創生の取組の一環として、「ふくしま復興・創生ファンド支援
事業」を実施し、投資型及び購入型のクラウドファンディングを活用して新たに挑
戦する事業者を募集します。

【受付期間】購入型 平成29年1月6日(金)~31日(火)(必着)
     ※投資型は受付期間を過ぎています。

詳しくはこちらをご覧ください
⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32021b/crowdfunding.html

=====================================================================
〔5〕3県支援事業情報(1/11~1/24 更新分)
=====================================================================
 岩手県、宮城県、福島県による、支援事業の更新情報です。

<岩手県>
□ICTを活用した岩手県多言語震災学習プログラム開発モデル業務委託に係る企画提案の募集について
⇒ http://www.pref.iwate.jp/nyuusatsu/compe/sanka/052183.html

□買取型災害公営住宅整備事業(大槌町三枚堂地区)の募集要項の公表について
⇒ http://www.pref.iwate.jp/nyuusatsu/sonota/052073.html


  <宮城県>
□平成29年度震災復興広報強化業務について企画提案を募集します
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/kouhoukyouka29.html


<福島県>
□福島県・農都交流セミナー開催のお知らせ
⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36045b/genki-nouson-kigyou.html

=====================================================================
『復興N便~企業復興支援メールマガジン~』のバックナンバーを参照できます。
 https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/fukkou_nbin.html

現在募集中の事業
<補助金・助成金等関係>

○ミラサポ専門家派遣について(中小企業庁)(Vol.25参照)
○地域発コンテンツ海外流通基盤整備事業の公募開始について(経済産業省)(Vol.22参照)

<金融支援関係>

○ふくしま産業復興雇用支援助成金の募集(福島県)(Vol.39参照)
○特定地域中小企業特別資金について(福島県)(Vol.16参照)
○被災中小企業施設・設備整備支援事業貸付金について(中小企業基盤整備機構、岩手県、宮城県、福島県) (Vol.16参照)
○福島再開投資等準備金制度について(復興庁)(Vol.15参照)
○東日本大震災復興特別貸付について(日本政策金融公庫)(Vol.9参照)
○女性、若者/シニア起業家支援資金(日本政策金融公庫)(Vol.9参照)

<その他>

○福島フードファンクラブ「チームふくしまプライド。」会員募集中(復興庁)(Vol.34参照)
○「創業スクール」について(中小企業庁)(Vol.31参照)
○「『経営力向上』のヒント~中小企業のための『会計』活用の手引き~」について(中小企業庁)(Vol.27〔7〕参照)
○観光先進地を目指して新しいモデル事業がスタートします (復興庁)(Vol.26参照)
○「中小企業人材活用ハンドブック」について(中小企業庁)(Vol.26参照)
○地方創生加速化交付金について(内閣府)(Vol.19参照)
○まちなか再生計画に基づくテナント型商業施設オープンについて(復興庁)(Vol.17参照)
○ミラサポ(中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト)(中小企業庁)(Vol.15参照)

=====================================================================
◆復興庁 民間企業との連携(企業連携推進室)
 https://www.reconstruction.go.jp/portal/sangyou_nariwai/index.html#minkanrenkei
◆復旧・復興支援制度データベース
 https://www.r-assistance.go.jp/
◆「新しい東北」官民連携推進協議会ウェブサイト
 http://www.newtohoku.org/
◆ 復興庁ツイッター公式アカウント
 https://twitter.com/fukkocho_JAPAN/
※「復興N便」の「N」には、「New」「Next」「Nariwai」「Network」
 などの意味を込めています。
=====================================================================
個人情報の取扱いについて
ご登録頂いた個人情報は産業復興に資する情報提供及びネットワーク登録メ
ンバー間の情報共有の目的のみに利用します。個人情報保護法その他の法令
等により認められる事由がある場合を除き、登録者ご本人の同意なく、目的
の範囲を超えて個人情報を第三者に開示または提供いたしません。
=====================================================================

■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
管理者
 復興庁企業連携推進室
  TEL: (03)6328-0267  FAX:(03)6328-0299
     E-mail: kigyo-rs@cas.go.jp

配信停止は下記宛先にメールにてご連絡ください。
  E-mail: kigyo-rs@cas.go.jp

送付を希望される方は上記管理者にご連絡ください。
■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

ページの先頭へ