メニュー
閉じる

復興N便Vol.38(平成28年11月16日発行)

                                        平成28年11月16日号

復興N便 ~産業復興支援メールマガジン~ (VOL.38)
====【目次】=========================================================

〔1〕「新しい東北」復興・創生顕彰の募集開始について  (復興庁)
〔2〕いよいよ今週末!
  「新しい東北」交流会in郡山~産業・生業の再生~を開催します。(復興庁)
〔3〕「新しい東北」復興ビジネスコンテストの受賞団体の決定について(復興庁)         
〔4〕第17回、第18回地域復興マッチング「結の場」の開催報告(復興庁)
〔5〕3県支援事業情報(11/1~11/15 更新分)

=====================================================================
復興庁企業連携推進室です。

本メールマガジンに記載している内容について、被災地域の企業・事業者や
団体等の担当者へ転送をしていただければ幸いです。

また、復興庁Facebookでは、現場での復興の進捗をはじめとした様々な
取組みを、タイムリーに情報発信していきますので、合わせてご活用ください。
 ⇒ https://www.facebook.com/Fukkocho.JAPAN/

次号は11月30日(水)配信予定です。

=====================================================================
〔1〕「新しい東北」復興・創生顕彰の募集開始について (復興庁)
=====================================================================
 復興庁では、被災地が従前より抱える地域課題(人口減少、高齢化、産業の
空洞化等)を解決する「新しい東北」の実現に向けて、被災地で進む様々な
取組を普及・展開することとしています。
 このため、「新しい東北」の実現に向けた取組について、大きな貢献を
されている個人及び団体を顕彰することにより、こうした個人・団体の活動を
広く情報発信するとともに、被災地内外への普及・展開を図ることを目的とし、
「新しい東北」復興・創生顕彰を創設します。
 この一年間で「新しい東北」の実現に貢献された個人・団体を自薦・他薦に
より広く募集し、外部有識者による選定を経て、被顕彰者・団体を決定いたし
ます。ぜひ、この機会にご応募ください。

詳しくはこちらをご覧ください
https://newtohoku.secure.force.com/kenshou/

募集要項はこちら
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/11/material/20161111_kenshou-boshuyoukou.pdf
 

=====================================================================
〔2〕いよいよ今週末!「新しい東北」交流会in郡山~産業・生業の再生~
   を開催します。(復興庁)
=====================================================================
 
「新しい東北」の実現に向けた情報共有・意見交換の場である「『新しい東北』
交流会in郡山」を来る11月19日(土)に福島県郡山市で開催いたします。
交流会では、「産業・生業の再生」をテーマに、特に一次産業に焦点を当て、農
業分野での復興の取組や農業を通じた地域活性化等について考えるパネルディス
カッション~農業が語る未来のふくしま~を下記の農業に携わる各界の有識者を
お迎えし開催します。
 [モデレーター]
  林 薫平 氏(福島大学経済経営学類特任准教授)
 [パネリスト]
 ・鈴木 光一 氏(鈴木農場・伊東種苗店 代表)
 ・羽根田 幸将 氏(桑折町スマート農業実証協議会 会員)
 ・島田 昌幸 氏(株式会社ファミリア 代表取締役)
 ・箭内 勝則 氏(郡山市農林部園芸畜産振興課 課長補佐兼鯉係長)

農業に携わる方はもちろん、それ以外の分野での復興・創生に携わる方にも、農
業の観点から福島の未来を考える良い機会になると思いますので、皆さん奮って
ご参加ください。

その他、ミニプレゼンテーション企画として、被災地で「新たな挑戦」に取り組
む方々による発表・実演や学生・NPO等によるプロジェクトマネジメント・ワー
クショップの成果発表も行いますので、併せてご参加ください。
 [発表者]
 ・ほやほや学会(一般社団法人ピースボートセンターいしのまき)
   会長 田山 圭子 氏
 ・高校生が伝えるふくしま食べる通信(事務局・一般社団法人あすびと福島)
   編集長・高野 紗月 氏(福島高校2年)
   編集部・倉上 舞 氏(会津高校2年)
   編集部・渡部 颯大 氏(福島高校1年)
 ・公立大学法人 会津大学
   コンピュータ理工学部 上級准教授 成瀬 継太郎 氏
 ・株式会社イノフィス
   取締役営業部長 齋藤 昭宏 氏
 ・島津麹店(「新しい東北」復興ビジネスコンテスト2016 アイリスオーヤマ賞)
   6代目 佐藤 光弘 氏
 ・ワークショップ参加者による発表

詳しくはこちらをご覧ください
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/11/20161111132500.html

リーフレットはこちら
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/11/material/20161111_kouryukai-in-kooriyama-pg.pdf

=====================================================================
〔3〕「新しい東北」復興ビジネスコンテストの受賞団体の決定について(復興庁)
=====================================================================
 「新しい東北」復興ビジネスコンテストでは、このたび、各事業分野の専門
家等による審査を行い、239件の応募のなかから、大賞として、株式会社JDSound
(宮城県仙台市)の「被災地石巻でMade In Japanのオーディオ製品を作ります」
を決定しました。このほか、優秀賞3件を決定し、さらに協賛企業が選定する
企業賞11件を決定しました。これらの受賞団体を表彰し、受賞事業を紹介する
表彰式を、11月19日に開催する「『新しい東北』交流会in郡山」において行い
ます。どなたでも観覧できますので、ふるって御来場ください。

詳しくはこちらをご覧ください
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/11/20161111132414.html

<表彰式について>
【開催日時】平成28年11月19日(土) 12:30~13:30
【開催場所】ビッグパレットふくしま 4階プレゼンテーションルーム(福島県郡山市南2丁目52)


=====================================================================
〔4〕第17回、第18回地域復興マッチング「結の場」の開催報告(復興庁)
=====================================================================
地域復興マッチング「結の場」のワークショップを以下のとおり開催致しました。

相馬市ではこれまで通りの企業テーブルに加え、初めての試みとして自治体テー
ブル(相馬市商工観光課)を設けました。市の抱える課題の一つの観光復興に
関して、「遊ぶ」・「見る」・「食べる」の観点で、事前視察も行い、ワークショプ
では大手企業より参考となる多くのアドバイスやご意見をいただきました。

<開催概要>
第17回地域振興マッチング「結の場」 (相馬市)
1.日時: 平成28年11月8日(火) 13:00~17:15
2.場所: ゲスト ハウス ヒル トップ エヌリゾート福島
     (福島県相馬市馬場野字福迫391-2)
3.主催: 復興庁、相馬商工会議所
4.参加: 被災地域企業6社、自治体1団体、支援提案企業24社44名

第18回地域振興マッチング「結の場」 (東松島市)
1.日時: 平成28年11月14日(月) 13:30~17:25
2.場所: プレセティア内康
     (宮城県東松島市大曲字堰の内南122?2)
3.主催: 復興庁、東松島市商工会
4.参加: 被災地域企業8社、、支援提案企業29社55名


<参加した被災地域企業の声> 
◆「地場企業では中々気付かないような話が沢山あっ
  た。引き続き地域のため、地場企業のために力を貸
  して欲しい。」(相馬)
◆「今まで色々な場に参加してきたが、結の場が一番
  良かった。」(東松島)

<参加した大手企業等の声> 
◇「異業種の大手企業がこれだけ集まる場は中々ない。
  自治体テーブルで観光復興について対話を行ったが他社の意見
  も参考となり、支援提案の内容が膨らんだ。」(相馬)
◇「初めて支援提案企業として参加したが、地元事業者の話や
 大手企業のアドバイス・意見などは自分にもとても参考と
 なった。」

参加した被災地域企業、大手企業の声からも「結の場」は、
非常に有意義な「場」とのご感想をいただいております。
来年度も被災3県で開催する予定で、開催地について募集
しております。開催について関心のある自治体、経済団体
等の方は新規・再開催を問わず、ご気軽にお問い合わせください。

第17回、第18回地域復興マッチング「結の場」については
復興庁公式facebookでも当日の様子や副大臣のコメントなどが
ご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/Fukkocho.JAPAN

□ 第17回地域復興マッチング「結の場」の開催報告
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/11/20161115124713.html

(本件に関するお問い合わせ先)
復興庁 企業連携推進室 結の場担当
電話番号 03-6328-0267
メールアドレス kigyo-rs@cas.go.jp

※復興庁「結の場」とは
被災地域の企業が抱える多様な経営課題の解決を図るため、大手企業等が、技
術、情報、販路など、自らの経営資源を幅広く提供する支援事業の形成の場と
して、復興庁では、「地域復興マッチング『結の場』」を実施しています。
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/yuinoba.html


=====================================================================
〔5〕3県支援事業情報(11/1~11/15 更新分)
=====================================================================
 岩手県、宮城県、福島県による、支援事業の更新情報です。

<岩手県>
□「いわて食の商談会in仙台」の開催について【出展者募集】
⇒ http://www.pref.iwate.jp/sangyoushinkou/shoku/050971.html 


<宮城県>
□みやぎ食と農のクラウドファンディング支援事業
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/nosin/cfsien.html

□中小企業向け個人情報保護法説明会の開催について
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/chukisi/kojinjyoho-setumeikai-2017-2.html

□水素エネルギー・燃料電池関連産業セミナーを開催します
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/saisei/seminar-20161128.html

□平成28年度みやぎの企業的園芸等整備モデル事業(追加募集)
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/noenkan/kigyouteki-engei.html


<福島県>
□福島県の将来を担う産業人材確保のための奨学金返還支援事業対象者の募集を開始します。
⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32011a/syogakukin.html

□福島県中小企業等株式上場支援補助金の第3次公募を開始します。
⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32011a/joujo.html

□平成28年度食品表示法研修会(県北地方)について
⇒ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36210a/h27syokuhinnhyouji-kensyukai.html


 =====================================================================
『復興N便~企業復興支援メールマガジン~』のバックナンバーを参照できます。
  https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat4/sub-cat4-1/fukkou_nbin.html

現在募集中の事業
 <補助金・助成金等関係>

○ミラサポ専門家派遣について(中小企業庁)(Vol.25参照)
○地域発コンテンツ海外流通基盤整備事業の公募開始について(経済産業省)(Vol.22参照)

<金融支援関係>

○特定地域中小企業特別資金について(福島県)(Vol.16参照)
○被災中小企業施設・設備整備支援事業貸付金について(中小企業基盤整備機構、岩手県、宮城県、福島県) (Vol.16参照)
○福島再開投資等準備金制度について(復興庁)(Vol.15参照)
○東日本大震災復興特別貸付について(日本政策金融公庫)(Vol.9参照)
○女性、若者/シニア起業家支援資金(日本政策金融公庫)(Vol.9参照)

<その他>

○「新しい東北」復興・創生顕彰の募集開始について(復興庁)(~12/13)(本号〔1〕参照)
○福島フードファンクラブ「チームふくしまプライド。」会員募集中(復興庁)(Vol.34参照)
○「創業スクール」について(中小企業庁)(Vol.31参照)
○地域振興マッチング「結の場」開催日程が決まりました!(復興庁)(Vol.28〔2〕参照)
○「『経営力向上』のヒント~中小企業のための『会計』活用の手引き~」について(中小企業庁)(Vol.27〔7〕参照)
○観光先進地を目指して新しいモデル事業がスタートします (復興庁)(Vol.26参照)
○「中小企業人材活用ハンドブック」について(中小企業庁)(Vol.26参照)
○地方創生加速化交付金について(内閣府)(Vol.19参照)
○まちなか再生計画に基づくテナント型商業施設オープンについて(復興庁)(Vol.17参照)
○ミラサポ(中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイト)(中小企業庁)(Vol.15参照)


 =====================================================================
◆復興庁 民間企業との連携(企業連携推進室)
  https://www.reconstruction.go.jp/portal/sangyou_nariwai/index.html#minkanrenkei
 ◆復旧・復興支援制度データベース
 https://www.r-assistance.go.jp/
 ◆「新しい東北」官民連携推進協議会ウェブサイト
 http://www.newtohoku.org/
 ◆復興庁フェイスブック公式アカウント
 https://www.facebook.com/Fukkocho.JAPAN/
 ◆ 復興庁ツイッター公式アカウント
 https://twitter.com/fukkocho_JAPAN/
 ※「復興N便」の「N」には、「New」「Next」「Nariwai」「Network」
  などの意味を込めています。
=====================================================================
個人情報の取扱いについて
 ご登録頂いた個人情報は産業復興に資する情報提供及びネットワーク登録メ
 ンバー間の情報共有の目的のみに利用します。個人情報保護法その他の法令
 等により認められる事由がある場合を除き、登録者ご本人の同意なく、目的
の範囲を超えて個人情報を第三者に開示または提供いたしません。
=====================================================================

■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
産業政策、N便等各種お問い合わせ先
  復興庁企業連携推進室
   TEL: (03)6328-0267  FAX:(03)6328-0299
     E-mail: kigyo-rs@cas.go.jp

配信停止は下記宛先にメールにてご連絡ください。
   E-mail: kigyo-rs@cas.go.jp

送付を希望される方は上記管理者にご連絡ください。
■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

ページの先頭へ