メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

石巻市立雄勝小学校・雄勝中学校新校舎落成式【平成29年8月26日(石巻市)】

東日本大震災により人口減少が急速に進行している石巻市雄勝地区に、雄勝小(児童20人)と雄勝中(生徒21人)を併設する新校舎が完成し、8月26日、現地で落成式が行われました。

新校舎は、地区の震災復興のシンボルとなり、地域の歴史や文化、自然環境を大切にし、学校と地域が協力してともに歩んでいく学校をコンセプトに、児童・生徒の学び舎である温かみのある木造2階建ての普通教室のほか、地域の方が立ち寄りやすいよう縁側ラウンジや多目的ホール、湧水を活用した水源広場、空の遊歩道を整備しました。

また、外壁の一部には地元特産の黒色で光沢のある硬質粘板岩の“雄勝石”のスレートを使用する等、地域住民と学校との接点となるような工夫がなされています。

完成を心待ちにしていた生徒や保護者らは、真新しい学び舎を見渡し、驚きや喜びの声を上げていました。

校歌斉唱や関係者によるテープカットの後は、雄勝石の壁画「雄勝石絵」の除幕式が行われ、雄大な自然を有する雄勝地区の風景等が描かれたモニュメントがお披露目されました。

震災からの復興の途上にある雄勝地区において、児童・生徒達は、復興を願う人々の夢と希望が詰まっているこの校舎でよく学び、よく遊び、『雄勝の風』を吹かせて復興への光となることを期待します。

20170826_ph1_miyagi.jpg 20170826_ph2_miyagi.jpg
20170826_ph3_miyagi.jpg 20170826_ph4_miyagi.jpg
20170826_ph5_miyagi.jpg 20170826_ph6_miyagi.jpg

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ