東北の観光復興の取組について

 東北の観光については、風評被害の影響等により、全国的なインバウンド急増の効果を享受できていないなど、依然として厳しい状況です。復興庁では、国土交通省等の関係省庁と連携し、東北の観光復興を推進していきます。

1.東北観光アドバイザー会議について

 東北の産業・生業の柱である観光産業の復興を加速化するため、有識者からなる東北観光アドバイザー会議を復興庁に設置するものです。本会議では、インバウンドを中心に東北の観光が抱える課題と観光復興に向けた対策について、ご議論いただきます。

2.「新しい東北」交流拡大モデル事業について

 根強い風評被害を払拭するには、正確な情報発信だけでなく、個々の外国人に東北を体験させることで、東北の情報を拡散させることが必要です。本事業では、東北への交流人口の拡大を図ることで個々の外国人が東北を体験する機会を創出する取組を支援します。

 平成28年4月15日に取りまとめられた東北観光アドバイザー会議の提言を踏まえ、のべ約70件の提案の中から、観光復興を力強く後押しし全国のモデルとなる13の提案を選定しました。

▲このページのトップへ