メニュー
閉じる

土地活用促進等調査の公募について

復興庁では、土地活用促進等調査のモデル調査を実施する団体の募集を行います。

この調査は、持続的にまちづくりを進めるため、復興の新たなステージにおける課題となっている土地活用等の取組について、その実施を検討する被災地の地方公共団体、民間事業者等を募集し、その取組を支援するものです。

※募集の詳細は、4.にある募集要領をご参照ください。

1.募集概要

被災市町村では復興事業が進捗し、宅地の造成や災害公営住宅の整備も徐々に事業完了が近づいているところです。

一方で、まちづくりが進められる中で、造成された土地の有効活用や津波被災を受けた低平地の管理・利活用が、復興の新たなステージにおける課題となっています。

復興庁では本年度、造成した土地の有効活用等を進めていくために必要な活動・取組の検討過程における課題やその解決手法等について、具体的な地域を対象としたモデル調査(以下「モデル調査」という。)を行うことにより、被災地の土地活用等を進めていくための実践的なノウハウの蓄積・普及を図ることとしています。

このため、今回、モデル調査を実施する地方公共団体及び民間事業者等を募集しますので、お知らせいたします。

2.応募締切

令和2年6月24日(水)

3.対象地域

津波被害を受けた沿岸被災市町村内

4.募集要領・応募様式等

5.問い合わせ先

復興庁インフラ構築班 「土地活用促進モデル調査」 担当

住所:〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-1-1

電話:03-6328-0233(平日10:00~17:00)

Mail: g.tochi-katsuyou19@cas.go.jp

ページの先頭へ