メニュー
閉じる

原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置

平成25年4月26日より、原発事故により避難して二重生活を強いられている家族の再会を支援する目的で、令和3年3月31日(水)までの間、母子避難者等を対象とした高速道路の無料措置を実施しているところですが、令和4年3月31日(木)まで継続いたします。
 
※令和3年度の新規の支援対象者は、令和2年度末(令和3年3月31日)時点で県外等に自主避難している方となります。
※既存の無料措置証明書をお持ちの方々については、避難元市町村より、利用資格を確認の上、順次、郵送される有効期限を記載した新しい証明書に切替えていただくことを予定しています。

【ご留意事項】

○満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎた子ども及びその父母等は高速道路無料措置の対象外となりますので、証明書を発行した市町村へ返却をお願いいたします。

○また、既に証明書をお持ちで、震災前に居住していた市町村へ帰還された方については高速道路無料措置の対象外となりますので、証明書を発行した市町村へ返却をお願いいたします。

○なお、複数の子どもを対象とした証明書のうち、一部の子どもが対象外となる場合や、証明書の内容に変更が生じた場合は、証明書の再発行が必要となりますので、証明書を発行した市町村へ再申請をお願いいたします。

※証明書発行等に関する詳細な手続きについては、証明書を発行した市町村へ直接お問い合わせ願います。

ページの先頭へ