メニュー
閉じる

「福島復興産業人材育成塾」の開講式が行われました。【平成28年10月9日】

20161009_IMG_7689.JPG
長沢副大臣から開会の御挨拶
20161009_IMG_7789.JPG
大山塾長寺子屋
20161009_IMG_7741.JPG
塾生等関係者集合写真

 平成28年10月9日(日)、復興庁は、福島12市町村等の産業の再生・事業の創出に向けて、地域のリーダーとなる産業人材を育成する「福島復興産業人材育成塾」(塾長:大山健太郎 アイリスオーヤマ株式会社取締役社長)を設立し、開講式を田村市役所で行いました。本育成塾は、「福島12市町村の将来像に関する有識者検討会 提言」(平成27年7月30日)において、将来を見据えた経営人材を育成することの重要性が盛り込まれたことに基づき設立されました。
 開講式では、主催者代表として、長沢副大臣が挨拶をしました。田村市、川内村、三春町、小野町在住の12人の塾生からの自己紹介もあり、地域のリーダーとなる覚悟、経営者の後継者としてこの塾で学ぶことを活かして新たなことに挑戦していきたいなど今後の抱負について語りました。
 卒塾式が行われる来年3月26日までの間、塾生は、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会、監査法人、日本政策投資銀行、NPO法人ETIC.等から派遣された専門家からの講義、助言を受けつつ、地域の未来を拓く新たな事業構想を練り上げるとともに、地域のリーダーとしての意識を醸成していきます。

(以 上)

ページの先頭へ