メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

石巻市震災遺構大川小学校が一般公開されました 【令和3年 7月18日(宮城県)】

 東日本大震災の津波により教職員と児童84名が亡くなった石巻市立大川小学校はこの教訓を伝える震災遺構として復興交付金などを用いて整備され、7月18日から一般公開が始まりました。校庭から見ることができる旧校舎は津波の威力を物語り、新たに開館した大川震災伝承館には周辺地域の被害や当日の津波が到達するまでの出来事を伝える展示室と多目的スペースがあります。

 現地では開場式典が行われ、宮城復興局からは中島局長が来賓として出席しました。齋藤石巻市長による主催者挨拶や来賓挨拶では、この場所がつらい気持ちを思い出す場所としてではなく、学校現場における事前防災など震災の記憶と教訓を世代を超えて語り継ぐ場としていきたいというお話がありました。

 ここでは地震発生から津波到達までは約50分の時間がありましたが、様々な原因から悲惨な被害につながりました。これを過去に起こった事故の一つとしてとらえるのでなく、次の災害で1つでも多くの命を守るためにすべきことは何かを考えることが今私たちにできることです。


030718_ph2_ookawa.p.s.jpg
【開場式典で式辞を述べる齋藤市長】
030718_ph3_ookawa.p.s.jpg
【カーブを描くモダンな校舎には津波の爪痕が残ります】
030718_ph4_ookawa.p.s.jpg
【ねじり倒された渡り廊下は津波の威力を物語ります】
030718_ph5_ookawa.p.s.jpg
【校舎前には献花台が設けられました】
030718_ph6_ookawa.p.s.jpg
【伝承館も開館しました】
030718_ph7_ookawa.p.s.jpg
030718_ph8_ookawa.p.s.jpg
030718_ph9_ookawa.p.s.jpg
【「未来をひらく」は大川小学校の校歌です】

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ