メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

「復興・創生インターンinとみおかプラス」(福島県双葉郡富岡町)〔令和2年3月〕

令和2年2月13日~3月13日の期間、双葉郡富岡町のまちづくり会社「一般社団法人とみおかプラス」は、昨年夏に続き、2回目のインターン受け入れを行いました。

「2020年春期「復興・創生インターン」プログラムの一環として、約1ヵ月間、学生同士が共同生活を送りながら、被災地企業が抱えている課題に対して、経営者や社員と二人三脚協働し解決に取り組むことを目的としています。

 

とみおかプラスでのインターンのテーマは「原発事故で一時は全町避難を余儀なくされた富岡町。町の未来をつくる人材を地域に呼び込むための事業をプロモートせよ!」であり、そのミッションは、以下の二つでした。

① (2019年実施の成果物)富岡町視察・研修ツアーのパンフレットを作成すること。

② (視察・研修ツアーの)SNS等でのプロモーションをすること。

 

インターン生たちは、これらのミッションを通して富岡町の「現在」を確かめ、その結果、彼らが成果報告会で発信したのは、「富岡町の魅力は人だ!」という力強い言葉でした。

 

また、今回参加したインターン生たちが、体験記を綴るHP「やっぱ、ふくしま」を作成しましたので、是非ご覧ください。https://yappa-fukushima.com

彼らには、インターン終了後も富岡町の魅力を発信していくこと、また、何より彼ら自身が「富岡町の関係・交流人口」のひとりとして、共に「町の未来を創っていく仲間」に加わってくれることを期待しています。実際に夏・春合わせた6人の参加者のうち、3人が再び富岡町を訪れています。

 

そして、2020年夏期の「復興・創生インターン」プログラムも動き出しました。今回は全てオンラインで行われ、参加者はお住まいの地域にいながら、現地の企業経営者と共に復興支援に携わることができます。

 

〇復興庁主催「2020年夏復興・創生インターン」

https://jinzai.reconstruction.go.jp/intern/

 

 

202003_tomioka_ph1.jpg
町内企業との交流
202003_tomioka_ph2.JPG
酒米農業体験
202003_tomioka_ph3.jpg
3月13日 成果報告会
202003_tomioka_ph4.jpg
成果報告会での集合写真

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ