メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

東日本大震災の発災から9年 【令和2年 3月11日(宮城県)】

3月11日、東日本大震災の発災から9年を迎え、宮城県内でも各地で追悼行事が行われました。

本年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、多くの市町が自由献花式により規模を縮小され、犠牲者のご冥福を祈りました。

このうち、気仙沼市は、菅家副大臣が参列しました。また、東松島市は、時間短縮、座席間隔を広げる等の対策を行った上で追悼式典を開催し、英宮城復興局長が出席するとともに、各市町の追悼行事に宮城復興局職員が参列し、黙とうを捧げ、献花を行いました。

復興庁としても、被災地の一日も早い復興・再生に向け、全力で取り組んでいく決意を新たにしたところです。

改めて、この震災により犠牲になられた方々に哀悼の意を表すとともに、ご遺族の皆様のご平安を祈念いたします。



20200311_ph1_miyagi.jpg
【黙とう(気仙沼市)】
20200311_ph2_miyagi.JPG
【首相官邸からの中継(気仙沼市)】
20200311_ph3_miyagi.jpg
【菅家副大臣による献花(気仙沼市)】

【式典として行われた東松島市】
20200311_ph5_miyagi.jpg
【献花(石巻市)】
20200311_ph6_miyagi.jpg
【東日本大震災モニュメントでの自由献花(塩竈市)】

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ