メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

自宅再建への第一歩に!高台に整備された宅地を引渡し(福島県いわき市)[平成28年8月]

 いわき市が進めている震災復興土地区画整理事業のうち、市内北部の久之浜地区水上工区で進められてきた宅地造成工事が完了し、8月31日までに引渡しが行われました。
 久之浜地区では、全213区画のうち沿岸部の宅地39区画が既に引き渡されていましたが、今回、高台移転先の宅地64区画が新たに引き渡されました。
 宅地の引渡しに先立ち、8月19日に現地見学会が開かれました。参加した地権者らは、市の担当者から説明を受けながら自身の土地を確認し、自宅再建に向けた第一歩を踏み出しました。
 いわき市は、災害に強い地域づくりの一環として、市内5地区の土地区画整理事業で計838区画の宅地整備を進めており、平成29年末までに全区画の引渡し完了を目指しています。

201608_ph1_fukushima.jpg 201608_ph2_fukushima.jpg
201608_ph3_fukushima.jpg  

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ