メニュー
閉じる

平成29年度学生ボランティア促進キャンペーンポスターについて

平成29年度学生ボランティア促進キャンペーンポスターについて

復興庁では、平成24年度から毎年、大学生の方々を中心に、夏休みなどの長期休暇を利用した被災地におけるボランティア活動への参加を呼びかけるキャンペーンを実施しております。

平成29年度は、これまで被災地へ訪れたことがある人も、これまで東北に行く機会がなかった人も、6年経過した今、東北へ訪れてもらい、ボランティアを通して、現地の方々との交流により生まれるつながりなどの、ご自身にとっての「たからもの」を掘り起こしてもらいたい、という思いを込めて、テーマを「掘り起こそう、東北の『たからもの』」として、キャンペーンを実施し、その一環としてポスターに使用するキャッチコピーを公募し、以下の通りポスターを作成しました。

20170628_thumb_student.jpg

ダウンロード(PDF)

  20170628_thumb_general.jpg

ダウンロード(PDF)

平成27年度から引き続き、このポスターに使用するキャッチコピーを公募し、今年度は、一般部門231作品、学生部門24作品の応募をいただきました。その中から、学生部門の最優秀賞には、内村佳保さんの作品「知らなかった東北。もっと知りたい東北。また行こうよ、東北。」が、一般部門の最優秀賞には、増田ななこさんの作品「僕たちの「ただいま」が、この町のちからになる。」が選ばれ、ポスターに採用しました。

このポスターは、全国の大学、短大等約1,190校、社会福祉協議会、ボランティア団体等約200団体にお送りしたほか、東京メトロの全駅に7月3日(月)から9日(日)までの1週間、東急電鉄の世田谷線を除く全駅に7月14日(金)から7月20(木)までの1週間掲出される予定です。

関連リンク:記者発表資料「平成29年度学生ボランティア促進キャンペーンポスターのキャッチコピーの選定結果について」

ページの先頭へ