メニュー
閉じる

復興状況の把握手法[平成25年9月12日] 

現在、地域の復興に向けた動きが今後本格化する中、「産業活動」「社会資本」「住民生活」など、様々な側面から復興の状況を把握し、復興を進める上での基礎的な資料として活用することが求められています。
 本調査においては、「市民生活」「都市・まちづくり」等、復興に関連する分野を検討・整理し、それに関連する指標を検討した上で、その指標を可能な限り被災自治体単位で収集し、時系列のデータベースの作成や分析ツールを開発しました。

ページの先頭へ