メニュー
閉じる

田中復興大臣記者会見録[令和02年01月28日]

田中復興大臣記者会見録(令和2年1月28日(火)8:39~8:42 於)衆議院本会議場中庭側廊下)


1.発言要旨
 昨日、福島県主催の「ふくしまプライド。食材博~食の交流会~」に出席いたしました。
 福島県産農林水産物のさらなる販売拡大に向けて、大変多くの生産団体、流通業者の皆様が参加され、福島の復興につながるものと、私も大変うれしく、また、心強く思ったところでございます。
 イベントに参加されていた岩瀬農業高校の皆さんの「GAP」への熱い想いと、その取得に向けた大変な御努力に強い感銘を受けました。
 こうした若い世代の皆さんによる、安全・安心な農産物の生産に向けた取り組みなど、参加された生産団体、あるいは流通業者の方々の取り組みと政府の施策が相まって、福島県産の農林水産物が1人でも多くの消費者の方々に届けられることを願っておるところでございます。
 今後も復興庁といたしまして、関係の皆様方と協力しながら、風評の払拭に向けて全力で取り組んでまいりたいと思います。
 以上でございます。

2.質疑応答
(問)昨日、福島県が聖火ランナーにTOKIOのメンバーを起用することを発表されましたが、「復興五輪」の観点から、大臣の御所見をお願いします。
(答)本当に私も喜んでいます。こういうメッセージ性の強い方々に御協力いただければ、すばらしい「復興五輪」になると思っております。幸先がいいなと思っております。
 ありがとうございました。

(以  上)

ページの先頭へ