メニュー
閉じる

髙木復興大臣記者会見録[平成28年6月7日]

髙木復興大臣閣議後記者会見録(平成28年6月7日(火)11:05~11:13 於)復興庁)

1.発言要旨
 私からは2点申し上げます。
 まず1点目でございますけれども、昨日行いました東日本大震災5周年復興フォーラムに私も出席いたしました。その所感について少し申し上げます。東北復興月間の皮切りとして、昨日、東日本大震災5周年復興フォーラムを開催しました。フォーラム及び各分科会の模様については御覧いただいていると思いますので、私の感想を一言述べさせていただきたいと存じます。
 まず、大使、大使館関係者にお越しいただきまして、代表してケネディ大使からは、東北の復興の力強さに関して御挨拶を頂きました。改めて、各国、地域の御支援に対して感謝申し上げる次第でございます。このほか、3県知事、市町村長、企業、各界の有識者に御参加いただきまして、この5年間、そしてこれからについて様々な取組の紹介や御意見を頂いた結果、本フォーラムが非常に充実した内容となりました。参加者の皆様には厚くお礼を申し上げたいと存じます。
 また、総理の分科会の視察にも同行させていただきましたが、総理が高校生や被災地企業の皆さんと触れ合っている姿を見て、逆に被災地の皆さんから勇気、あるいはまた力、そういったものを頂いたなという感じがいたしました。
 参加者の一人からは、このフォーラムに携わった皆さんが東北のことを考えていてくれると強く感じて、涙が出た、今後も頑張るとの言葉がございましたが、これは本当に有り難い言葉だと思っております。今後も続く交流ミーティングなどの復興月間の行事が、この5年間を振り返り、教訓を生かすきっかけとなるだけでなく、復興に関わる全ての皆さんに対し、少しでも勇気を与える結果になれば良いというふうに思っております。
 続いて、2件目でございます。
 宮城県訪問についてでございますが、本日、宮城県仙台市を訪問させていただきまして、東北復興水産加工品展示商談会2016を視察させていただきます。この商談会は販路開拓のために被災地の水産加工業者約1,200業者。国内、国外のバイヤーが参加するものでございまして、この商談会が被災地の水産加工業の活性化につながることを期待いたしております。
 また、明日は宮城県仙台市、名取市、山元町を訪問させていただきます。私から以上でございます。
2.質疑応答
(問)昨日の復興フォーラム、大臣もじっくり視察されていたと思いますけれども、特にどういったところに何か感じるものがありましたか。
(答)今、申し上げましたけれども、大使の皆さんにお越しいただいた。特に、トモダチ作戦を速やかに展開していただいたアメリカのケネディ大使にお見えいただいて、御挨拶いただいたということ。ケネディ大使は被災地も訪問されており、こうした形で関わっていただくということ、これはアピール度が非常に高いと思いますし、東北の皆さん方も勇気づけられると思います。
 フォーラムも3県知事が揃ったということ、これは意義深いことだと思います。それぞれの御立場から感謝の言葉を述べられる、あるいはこれからどういう3県にしていこうかという決意も述べられました。本当に意義深かったと思いますし、ブース、パネル展示等におきましても、今、申し上げた高校生の生徒さんも含めて、それぞれが本当に自分ができること、防災もそうですし、風化させない、そういったような取組、そして生業の再生が非常に大事なわけであります。そうしたことにそれぞれの立場でそれぞれの方がいろいろな工夫をして、考え、アイデアを出して取り組んでいただいているという姿を拝見させていただいて、ああした取組がさらに広がって行く、そうすることによって産業、生業の再生にもなっていくでしょう。大変力強く感じました。
 東北の皆さん方がそれぞれの立場で、頑張っていただいておりますので、先ほど申し上げましたけれども、こっちがこれからもしっかりと頑張っていかなければというような、そういう思いを持たせていただいたところでございます。
(問)今、フォーラム視察の件で、女性起業家との座談会ということで、安倍首相が4人か5人の方々とお話をするところがありましたが、そのときに大臣は何をされていましたか。
(答)後ろで控えておりました。
(問)あのときは、多忙な首相が被災地と向き合って、我々も聞いていたわけですが、ブースの人はみんな聞いていたわけです。ところが、担当大臣は椅子に座って、スマホをいじっていました。それはいかがでしょうか。
(答)スマホをいじっていたかどうか分かりませんけれども、視察等、先に一回りさせていただきましたし、正直申し上げて、少し疲れたというところもございましたので、後ろで控えておりました。もちろん、お話、ディスカッションは聞かせていただいておりましたし、不適切ではなかったというふうに思っております。
(問)大臣が、首相が来られる前から全部ブースを回って、熱心に見ていたというのは私も見ていますが、ですがあの立場というのは、余りよくなかったのではないかと私は思いますけれども、いかがでしょうか。
(答)御指摘を頂きまして、以後気を付けさせていただきます。

(以    上)

ページの先頭へ