メニュー
閉じる

事例の募集について

 

復興に当たっての多様な担い手による連携事例の募集について
平成24年7月23日


 復興への取組に当たっては、行政機関、企業、ボランティア団体など多様な担い手の連携が大変重要です。
 そこで、この度、こういった多様な担い手による連携事例を、下記により皆さまからお寄せ頂きたいと存じます。復興庁では、頂いた事例を掲載例の形で、ホームページで公開し、これから連携による復興に取り組もうとされている方々の参考としてご活用頂くことを予定しています。
 なお、お寄せいただいた事例の内容が、下記1.に示す基準に合致しないと判断される場合にはご紹介を控えさせていただきますので、予めご承知置きください。

1.連携事例の基準
  別紙のとおり。

2.応募方法
  連携事例提出フォーマット
に記載の上、i.volunteer_atmark_cas.go.jpまでご提出ください。((注)迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を変えています。「_atmark_」を「@」に置き換えてください。)

以上

 ※復興庁ボランティア・公益的民間連携班では、復興にあたり、多様な担い手が連携して取り組むべき5つの分野における「ロードマップ」を作成するなど、マルチ・ステークホルダーの連携による復興の普及・啓発に努めているところです。「ロードマップ」については以下のURLをご参照ください。
http://www.reconstruction.go.jp/topics/000726.html

  

問い合わせ先:
 復興庁ボランティア・公益的民間連携班
 TEL:03-5545-7480

 

 

ページの先頭へ