メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

「岩沼蔵王線 志賀姥ヶ懐トンネルが開通しました」【令和元年12月21日(宮城県岩沼市、村田町)】

2019年12月21日に岩沼市と村田町をつなぐ「志賀姥ヶ懐(しがうばがふところ)トンネル」が完成し、開通式典が行われました。

志賀姥ヶ懐トンネル(全長約1.3km)は、県沿岸部に位置する仙台空港や仙台東部道路と、内陸部を縦貫する東北自動車道等を結び、県南地域の広域連携を強化する幹線道路である主要地方道岩沼蔵王線の一部で、今回、トンネルの前後の道路を含む3.7km区間が開通しました。

トンネルにより結ばれる、岩沼市志賀地区から柴田郡村田町小泉地区の区間は、これまでは屈曲カーブが多く狭隘な峠道で、大雨では通行止めとなっていました。

今回の供用により、沿岸部と内陸部を結ぶ信頼性の高い東西交通軸が形成され、産業振興、観光交流の活性化、また救急医療活動への支援が図られ、東日本大震災からの震災復興にも大いに寄与するものと期待されます。式典には、宮城復興局長が出席しました。



20191221_ph1_miyagi.jpg
【くす玉割り、テープカット】
20191221_ph2_miyagi.jpg
【宮城復興局英局長からの式辞】
20191221_ph3_miyagi.jpg
【漣会(さざなみかい)による太鼓演奏】
20191221_ph4_miyagi.jpg
【パレード】
20191221_ph5_miyagi.jpg
【村田町「くらりん」と岩沼市「岩沼係長」もお出迎え】

ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ