復興庁では、2012年度以降毎年、岩手・宮城・福島の3県の企業や団体が、業種や地域の特性、培ってきた知見や創意工夫を活用した、さまざまな「挑戦」を紹介しています。本年度も30の事業者を取材し、産業復興事例集として編さんしました。こうした取り組みを被災地内外の企業や自治体で共有することによって、今後の事業創出や復興の加速化につながることを期待しています。