福島県での企業立地3つのメリット

新産業の育成・集積を図り、産業の復興、雇用の創出に取り組む福島県。ビジネス拠点とする3つのメリットを紹介する。

メリット1

優れた人材

工業科学生数が多く、さらに「真面目で粘り強い人材が多い」と立地した企業に高評価。

住民の帰還意向

福島県は東北6県、北関東3県の中で、高等学校の工業科学生が最も多い。県内各地の高等学校などは独自のカリキュラムを組んで、多彩な人材を育成している

住民の帰還意向

スーパーグローバル大学に指定された会津大学をはじめ、各分野に強みを持つ理工系大学が立地。時代をリードする研究を進めている

住民の帰還意向

福島ロボットテストフィールドは、福島イノベーション・コースト構想に基づき南相馬市と浪江町に整備された一大開発実証拠点。無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットなど屋外用ロボットを対象に、実際の使用環境を拠点内で再現して実証試験などを行うことができる

※特に記載の無いものは「福島県企業立地ガイド」(2022年度版)より引用