メニュー
閉じる

平成27年度学生ボランティア促進キャンペーンポスターについて

 東日本大震災発生から5年目を迎えましたが、被災地では今もなお、支援を必要としています。また、支援の内容は、震災発生直後と比べて多様化しています。

  復興庁では、平成24年度から毎年、学生の方々に夏休みを利用して被災地におけるボランティア活動へ参加いただくことを呼びかけるキャンペーンを実施しています。その一環として、キャンペーンポスターを作成しています。

  今年度は、主に新大学1年生の皆さんを対象に、ボランティア活動への参加を呼びかけることを目的として作成し、このたび、完成しました。

thumb_general.jpg   thumb_student.jpg
ダウンロードicon_pdf.gif   ダウンロードicon_pdf.gif

 今年度は、このポスターに使用するキャッチコピーを公募し、一般部門231作品、学生部門57作品の応募をいただきました。その中から、一般部門の最優秀賞には、佐藤晴太郎さんの作品「来てくれるだけで嬉しいんだよ。」が、学生部門の最優秀賞には、肥山健太郎さんの作品「4年間、何もできない自分がいた。でも、今ならできる。」が選ばれ、ポスターに採用しました。

  このポスターは、全国の大学、短大等約1,190校、社会福祉協議会、ボランティア団体等約200団体にお送りしたほか、東京メトロの全駅に7月1日から7日まで掲出されます。

ページの先頭へ