メニュー
閉じる

「平成29年度復興人材の確保及び運用に関する調査」結果について

東日本大震災の被災自治体では、復興業務を進めるに当たり、マンパワーの確保が課題となっています。


復興庁では、「平成29年度復興人材の確保及び運用に関する調査」として、被災自治体等を対象にヒアリングを実施し、復興業務に携わる人材(特に任期付職員)の確保に向けた取組状況等を把握しました。


報告書では、被災自治体が任期付職員を確保するに当たっての課題を整理し、被災自治体の取組の参考にしていただけるよう、具体的事例を掲載しています。
あわせて、被災市町村で活躍する職員からのメッセージも御紹介しています。


概要

■報告書

■被災市町村で活躍する職員からのメッセージ

ページの先頭へ