メニュー
閉じる

渡辺復興大臣記者会見録[平成30年10月30日]

渡辺復興大臣閣議後記者会見録(平成30年10月30日(火)10:40~10:42 於)官邸エントランス)

1.発言要旨
 私の方からは特に報告することはありません。

2.質疑応答
(問)先週、安倍総理と中国の李克強首相との首脳会談の中で、中国側が日本の農産品の輸入規制について緩和することを安倍総理に伝えたとあります。受け止めをお願いいたします。
(答)まずは、私たちにとりまして、一番関心を持っていたのが福島の風評被害ということでありますが、この問題については、前々から私自身も風評被害をいかに取り除いていくか、これは重要な課題だと思っておりますので、今回の中国側の対応については大変前向きに受け止めており、さらに具体的に進めていただきたい、そのように思っております。
(問)一昨日ですけど、福島県知事選挙の投開票が行われまして、現職の内堀知事が再選を果たされました。選挙の受け止めと、内堀知事は、復興庁の後継組織について早々に協議を始めたい意向を示されておりますが、こちらについてのお考えもお願いいたします。
(答)選挙について個別の具体的な選挙についてのコメントは差し控えたいというふうに思いますが、内堀知事については、従前から復興に全力で取り組んでいらっしゃる知事でございますので、今後とも連携しながら復興に全力を挙げていきたいというふうに思います。
 そして、後継組織の話でありますけれども、いずれにしても今の段階は、復興の進捗状況を精査している段階でありますし、それから課題についても精査している段階です。こういったものを全て見た上で、今後検討していきたい、そのように思います。

(以    上)

ページの先頭へ