メニュー
閉じる

安藤復興大臣政務官の福島県訪問について[令和元年8月2日]

20190802_fukushima_andoh_ph1.jpg
東京電力廃炉資料館視察(於:富岡町)
20190802_fukushima_andoh_ph2.jpg
中間貯蔵工事情報センター視察(於:大熊町)
20190802_fukushima_andoh_ph3.jpg
中間貯蔵施設(大熊工区)視察(於:大熊町)
20190802_fukushima_andoh_ph4.jpg
20190802_fukushima_andoh_ph5.jpg
ふたば医療センター附属病院視察(於:富岡町)

令和元年8月2日(金)、安藤復興大臣政務官は福島県の富岡町、大熊町、双葉町を訪問しました。

まず、富岡町の東京電力廃炉資料館を訪問し、廃炉事業に関する情報発信の状況を視察しました。

次いで、大熊町・双葉町の東京電力福島第一原子力発電所を訪問し、廃炉・汚染水対策の現状を視察しました。

続いて、大熊町の中間貯蔵工事情報センターを視察するとともに、中間貯蔵施設(大熊工区)では受入・分別施設及び土壌貯蔵施設の稼働状況を視察しました。

その後、富岡町の夜ノ森地区を視察するとともに、ふたば医療センター附属病院を訪問し患者の受入体制や多目的医療用ヘリの使用状況等について説明を受けました。

(以 上)

ページの先頭へ