メニュー
閉じる

渡辺復興大臣の青森県・岩手県訪問について【平成30年11月12日】

20181112_aomori_iwate_ph02.jpg
20181112_aomori_iwate_ph03.jpg
ダイハツスタジアム(多賀多目的運動場)(於:八戸市)
20181112_aomori_iwate_ph04.jpg
20181112_aomori_iwate_ph05.jpg
ひろの水産会館ウニーク(於:洋野町)
20181112_aomori_iwate_ph06.jpg
20181112_aomori_iwate_ph07.jpg
JC公園(於:久慈市)
20181112_aomori_iwate_ph08.jpg
20181112_aomori_iwate_ph09.jpg
城内地区(於:野田村)
20181112_aomori_iwate_ph10.jpg
20181112_aomori_iwate_ph11.jpg
普代水門(於:普代村)
20181112_aomori_iwate_ph12.jpg
20181112_aomori_iwate_ph13.jpg
机浜番屋群(於:田野畑村)
20181112_aomori_iwate_ph14.jpg
20181112_aomori_iwate_ph15.jpg
小本地区(於:岩泉町)
20181112_aomori_iwate_ph16.jpg
岩手復興局(於:盛岡市)

渡辺復興大臣は、平成30年11月12日(月)に青森県の八戸市と岩手県の洋野町、久慈市、野田村、普代村、田野畑村、岩泉町を訪問しました。

八戸市では、津波避難施設を一体的に整備した多目的運動場「ダイハツスタジアム」で小林市長とお会いし、復興状況やスタジアムの説明を受けると共に備蓄倉庫とグラウンドを視察しました。

洋野町では、ウニを初めとする地元産業の販売施設「ひろの水産会館ウニーク」で水上町長とお会いし、復興状況や施設の説明を受け、会館内を視察するとともに、地元の物産品を購入しました。

久慈市では、震災の経験と教訓を風化させないための「JC公園」で遠藤市長とお会いし、東日本大震災モニュメント・ケルンの前で黙とうし、被災状況等について説明を受けました。

野田村では、緊急的な避難場所の機能を持つ「保健センター」で小田村長とお会いし、復興状況等の説明を受けるとともに、城内地区の土地区画整理事業を視察しました。

普代村では、過去の津波被害を受け整備された「普代水門」で柾屋村長とお会いし、普代水門や太田名部防潮堤の整備経緯や、東日本大震災発災時の様子等について説明を受けました。

田野畑村では、昔の漁村を再現した観光施設「机浜番屋群」を訪問し、工藤議長とNPO法人の楠田理事長から施設の概要について説明を受けるとともに、海水を煮詰めて塩を製造している番屋などを視察しました。

岩泉町では、診療所・役場支所・駅などの機能を持つ防災拠点施設で中居町長とお会いし、復興状況等について説明を受けるとともに、被災された方たちと意見交換も行いました。

最後に、盛岡市の復興庁岩手復興局において、復興局職員への訓示を行いました。

(以 上)

ページの先頭へ