メニュー
閉じる

吉野復興大臣及び長坂復興大臣政務官の岩手県訪問について【平成30年3月18日】

20180319_iwate_ph01.jpg
20180319_iwate_ph02.jpg
20180319_iwate_ph03.jpg
20180319_iwate_ph04.jpg

釜石市民ホールTETTO(於:釜石市)

20180319_iwate_ph05.jpg
20180319_iwate_ph06.jpg

釜石港ガントリークレーン(於:釜石市)

20180319_iwate_ph07.jpg
20180319_iwate_ph08.jpg
20180319_iwate_ph09.jpg

釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)(於:釜石市)

平成30年3月18日(日)、吉野復興大臣及び長坂復興大臣政務官は、岩手県釜石市を訪問しました。

まずは、釜石市民ホールTETTO(テット)を訪問し、にぎわい創出や交流人口拡大に向けた取組を視察するとともに、公演を行っている劇団「もしょこむ」の劇団員と懇談しました。

その後、釜石港を訪問し、復興支援として大阪府から岩手県に無償譲渡された「ガントリークレーン」(大型クレーン)や、同港の更なる利用促進の取組を視察しました。

最後に、ラグビーワールドカップ2019の会場となる「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」を訪問し、本年7月末の完了を目指し工事が進められている現場の視察や、釜石への誘致活動について説明を受けました。

(以 上)

ページの先頭へ