メニュー
閉じる

竹下復興大臣の岩手県訪問【平成27年9月21日、22日】

20150921_p01k.JPG   20150921_p02k.JPG
釜石市 橋野鉄鉱山・高炉跡視察
20150921_p03k.JPG    
釜石市 鵜住居地区学校等建設地視察    
20150921_p04k.JPG   20150921_p05k.JPG
大槌町 赤浜・安渡地区視察と住民との交流
20150921_p06k.JPG    
大槌町 和Ring-Project視察    
20150921_p08k.JPG   20150921_p09k.JPG
   
20150921_p10k.JPG    
遠野市 総合防災センター・後方支援資料館視察    
20150921_p11k.JPG   20150921_p12k.JPG
遠野市 遠野みらい創りカレッジ土淵校視察    

 平成27年9月21日~22日にかけて竹下復興大臣が岩手県を訪問しました。
 21日(月)は釜石市を訪れ、ユネスコ世界文化遺産として認定された現存する日本最古の洋式高炉跡「橋野鉄鉱山・高炉跡」を視察しました。
鵜住居地区では小中学校をはじめ、復興広場に整備される2019年ラグビーワールドカップの会場予定地を視察しました。
 22日(火)は、大槌町を訪れ赤浜・安渡地区では区画整理事業や防災集団移転促進事業などの現場を視察するとともに、地元の住民との交流を行いました。また、地元で木工製品を製作する「和Ring-Project」の工房を視察しました。同工房は2015年度復興庁「新しい東北」先導モデル事業にも採択された事業所です。
 遠野市では、総合防災センターと後方支援資料館を視察しました。同センター・資料館は、災害支援の先進的な事例として国・県・市町村や大学・研究機関等から多くの方々が視察に訪れている箇所です。
 また、遠野みらい創りカレッジ土淵校では、富士ゼロックス(株)の取組む教育や文化伝承支援、交流に関する企画・展示を視察しました。

(以 上)

ページの先頭へ