メニュー
閉じる

地域からの復興情報icon_fuku.png icon_portal_chiiki.jpg

被災地を疾走!!「東北・みやぎ復興マラソン2017」【平成29年9月30日‐10月1日(名取市・岩沼市・亘理町)】

9月30日、10月1日の両日、東日本大震災から6年半が過ぎた被災地の“今”をスポーツで伝えようと「東北・みやぎ復興マラソン2017」(仙台放送主催・復興庁等後援)が開かれました。

津波で甚大な被害に遭った宮城県の沿岸地域、名取市、岩沼市、亘理町を約1万5千人が駆け抜け、復興への思いを新たにしました。

「復興マラソン」は震災後県内初の日本陸連公認フルマラソンコースを使用し、今年初めて開催。現在、コースは道路の嵩上げや防潮堤の整備が急ピッチで進み、復興を肌で感じることができます。

また、同時開催の「復興マルシェ」では、被災地のグルメを楽しむことができ、会場を訪れた方々は、ご当地グルメを片手にランナーの応援や、メイン会場で行われているイベントを楽しんでいるようでした。

また、多くのボランティアの皆様が大会を支えました。

復興庁もメイン会場内にブースを出展し、東日本大震災当時の様子から現在の復興状況に至るまでのパネル展示や、復興親善大使である体操の内村航平選手のメッセージ入り等身大パネルを設置。

県外から来られた方は、ブース内のパネルを見つめ「震災当時は、状況がつかめなかったが、今回こうして当時の状況を知ることができ、これから、自分が被災地の為にできることが明確になった」との感想を述べられました。

秋晴れの中、「東北・みやぎ復興マラソン2017」は、終日大盛況の中幕を閉じ、被災地は、復興への更なる加速に向けて走り出そうとしています。

20170930_ph1_miyagi.jpg 20170930_ph2_miyagi.jpg
20170930_ph3_miyagi.jpg 20170930_ph4_miyagi.jpg
20170930_ph5_miyagi.jpg 20170930_ph6_miyagi.jpg

(以上)


ここで見える復旧・復興状況(ポータルページ)のトップに戻ります。
ページの先頭へ