メニュー
閉じる

産業・生業の再生

鉱工業の復興状況

岩手、宮城、福島の3県全体としての企業活動は、概ね震災前の水準程度に回復してきている。
グループ補助金交付先企業の45.0%が、震災直前の売上水準以上まで回復。

  ◆震災直前の売上げ水準からの変化状況
20171129_sangyou1-1.png 20171129_sangyou1-2.png
(出典:東北経済産業局「グループ補助金交付先アンケート調査」より作成)
katuyojirei_sienseido.png
▶産業復興に関する取組の詳細についてはこちら

農業の復興状況

津波被災農地については、計画的に復旧事業を進めており、約8割で営業再開が可能となった。

20170301_sangyou2-1.png
※平成28年度からは、津波被災農地(21,480ha)から農地転用された農地等を除いて整理


農業復興の事例
20170301_sangyou2-2.jpg

大区画化された圃場における営農状況(宮城県仙台市)

  20170301_sangyou2-3.jpg

高設ベンチを用いたいちご養液栽培技術等の
実証研究(宮城県山元町)


水産業の復興状況

水揚げ金額は9割程度まで回復。水産加工施設は約9割で業務再開。
震災により失われた販路の回復に向け、マッチング、新商品開発等を推進。

20170301_sangyou3-1.png
▶農林水産業の復興の取組の詳細はこちら

gyogyo_iwate.png   isinomakisijou.png
岩手県の漁業の様子   全面運用を開始した石巻魚市場

観光業の復興状況

外国人の宿泊者数は、震災前の水準を超えて推移しているものの、全国的なインバウンド急増(240%超)の効果を享受できていない。
観光需要の厳しい東北地域の状況を踏まえ、引き続き施策を推進。

◆ブロック別外国人宿泊者数推移
 20170301_sangyou4-1.png
▶ 観光復興の取組についてはこちら
ページの先頭へ